KWNS徒然日記

どうも、支配人のKWNSと申します。読み方はクェンズとなります。(造語です)どうぞ、よろしくお願いいたします。

トヨタ 2000GT 11~15

おはようございます。

一週間ぶりの投稿です。最近だんだんと冷え込むようになりましたね。

朝方仕事に向かう最中の気温なんて7℃とかなので、もう冬ですよ!

そんな中、今週も2000GTを作っています。

コスモスポーツはどうした...)

11から作っていきます。

 

11では...

f:id:kwns1783:20171117194545j:plain

11ではオイルネーターとウォーターポンプを組み立てます。

まずはオイルネーターから。

f:id:kwns1783:20171117194603j:plain

10で組み立てたエンジンブロックの前面を一旦取り外します。

f:id:kwns1783:20171117194614j:plain

取り外したシリンダーブロックを裏返して、オイルネーターブラケットを仮組みします。

f:id:kwns1783:20171117194624j:plain

仮組みしたまま、ウォーターポンプをオイルネーターの上部分に組付けます。

その後、エンジンブロックにネジで再度組付けます。

f:id:kwns1783:20171117194638j:plain

写真左側にある金色(?)の歯車のようなパーツ、オイルネーターファンを組付けます。

f:id:kwns1783:20171117194655j:plain

オイルネーターファンの上側にウォーターポンプ・プーリー(黒色のパーツ)と、オイルネーターファンの右側にある黒色のパーツもプーリーを取り付けます。

f:id:kwns1783:20171117194703j:plain

上記で取り付けたパーツ3点にVベルトを取り付けます。

(エンジンモーターっぽい!!)

f:id:kwns1783:20171117194714j:plain

これで11の作業は終わりです。エンジンらしさが出てきましたね!!

なんかワクワクします。

続いて12!

 

ついにマフラーが...

f:id:kwns1783:20171117194725j:plain

12ではエキゾーストセンターパイプにマフラーを取り付けます。

f:id:kwns1783:20171117194733j:plain

付属パーツはこれだけ!少ない...。

f:id:kwns1783:20171117194746j:plain

エキゾーストセンターパイプに5で組み立てたまま放置していたマフラーを仮組みします。

これで12の作業は終わりです。連結部分にマスキングを巻いて、なくさないよう気を付けます。

f:id:kwns1783:20171117194800j:plain

袋にいれて当分は保管ですね...。

続いて13に進みます。

 

13の作業は...

f:id:kwns1783:20171117201349j:plain

スパークプラグコードの取り付けとナンバープレートの組み立てです。

まずはナンバープレートを組み立てます。

f:id:kwns1783:20171117201405j:plain

1/10スケールなのでかなり小さいです。

黒色のフレームに両面テープを貼り付けてその上からナンバープレートを貼ります。

f:id:kwns1783:20171117201416j:plain

組付けて、こんな感じです。

f:id:kwns1783:20171117201424j:plain

完成したらまた袋にいれて保管です。

完成するまで付けませんから当分先の話ですね...。

続いてスパークプラグコードの取り付けへ。

f:id:kwns1783:20171117201437j:plain

この線のかたまりをスパークプラグコードというそうですが、これをエンジンに取り付けます。

f:id:kwns1783:20171117201446j:plain

エンジンブロックの上部に穴が6つあいており、その穴にコードを差し込んでいきます。写真右端の穴から一番長いコードを差し込みます。

f:id:kwns1783:20171117201456j:plain

全部差し込んだ状態です。

f:id:kwns1783:20171117201505j:plain

左端のところにコードホルダー部があるので差し込んでコードをまとめます。

f:id:kwns1783:20171117201516j:plain

まとめたコードの先に赤いパーツ、ディストリビューターキャップに取り付けます。

f:id:kwns1783:20171117201523j:plain

ディストリビューターキャップの周囲に6本差し込んだ後、真ん中の穴にイグニッションコイルを差し込みます。

f:id:kwns1783:20171117201530j:plain

ディストリビューターキャップをエンジンブロックの前面、10で取り付けたディストリビューターの上に差し込みます。

f:id:kwns1783:20171117201538j:plain

コードがついてよりエンジンらしさが出てきました。

これで13の作業は終わりです。

続いて14。

 

 14です...

f:id:kwns1783:20171117201545j:plain

ヒーターホースとフューエルホースを取り付けます。f:id:kwns1783:20171117201553j:plain

13で組み立てたエンジンブロックの上面を外します。

Vベルトも外しておきます。

f:id:kwns1783:20171117201602j:plain

まずはフューエルホースをキャブレターに取り付けます。

f:id:kwns1783:20171117201616j:plain

続いてヒーターホースを取り付けていきます。

ヒーターホースは13で取り付けたプラグコードに隣接しているので注意して取り付けていきます。

f:id:kwns1783:20171117201623j:plain

取り付け後の写真です。

取り付けにかなり苦戦しましたが、無事取り付け完了です。

f:id:kwns1783:20171117201635j:plain

続いてラジエーターキャップとホースをラジエーターの上面に取り付けます。

黒い四角形の上に見える金色のパーツがラジエーターキャップです。

14はここまでです。

f:id:kwns1783:20171117201708j:plain

おまけでこんな記事がありました。

タイヤの手入れの仕方だそうです。

f:id:kwns1783:20171117201715j:plain

経年劣化なのかところどころに白くなっている部分があるので時間を見つけて手入れしたいと思います。(今はしませんが...。)

15に移ります。

 

15です...

f:id:kwns1783:20171117201727j:plain

15ではオイルパンを仮組みしていきます。

f:id:kwns1783:20171117201736j:plain

写真左側がオイルパンカバー、右側がオイルパンのパーツです。

f:id:kwns1783:20171117201745j:plain

この2つがうまく嵌るか、確認します。

f:id:kwns1783:20171117201753j:plain

その後、オイルパンのパーツを合体させます。

f:id:kwns1783:20171117201801j:plain

こんな感じです。

f:id:kwns1783:20171117201808j:plain

続いてこの細長いオイルパンパーツを用意します。

この真ん中らへんのくぼみに先ほど組み立てたオイルパンを差し込みます。

f:id:kwns1783:20171117201817j:plain

差し込んだ状態です。このあと落ちないよう、マスキングで押さえますf:id:kwns1783:20171117201828j:plain

くみ上げたオイルパンをエンジンブロックの下面と仮組みします。

f:id:kwns1783:20171117201842j:plain

こんな感じです。まだ固定はしていません。

この状態でもカッコイイ...。

f:id:kwns1783:20171117201854j:plain

側面からの写真。

f:id:kwns1783:20171117201910j:plain

これで15の作業は終わりです。

 

今週はここまでで置いておきます。

目標は1日1冊で!!

来週には16~20までを投稿したいと思います。