KWNS徒然日記

どうも、支配人のKWNSと申します。読み方はクェンズとなります。(造語です)どうぞ、よろしくお願いいたします。

トヨタ 2000GT 21~25

おはようございます。KWNSです。

いつのまにか、もう12月になってますね...。

12月は個人的にいろいろと楽しみがありまして。

とくに12月23日と12月31日にはB'zのLIVE-GYMが控えているのが一番の楽しみです!!

(はやく会いたくてしかたない!)

他にもLIVEに付属して、福岡と名古屋を観光したりとか...

忘年会したりとか...

とにかく楽しみなことが多いです。

 

そんな中でも2000GTの製作を止めませんよ!!

それでは21からレポートしていきます~!

 

21...

f:id:kwns1783:20171123093936j:plain

21では右フロントナックルを組み立てます。

19では左フロントナックルを組み立てましたが、今回は右です。

f:id:kwns1783:20171123093946j:plain

左フロントナックルでは写真の撮り方が悪かったので、今回はちょっと多く撮ってみました。

黒いパーツはステアリングナックルで、シルバーのパーツがブレーキキャリバーといいます。

f:id:kwns1783:20171123094018j:plain

ナックルを組み立てる前にタイヤを組み立てます。

(毎度毎度、このタイヤホイールにはめ込むときは固くて固くて...。)

f:id:kwns1783:20171123094009j:plain

 タイヤを組み立てたあとは、ステアリングナックルとブレーキディスクを組み立て。

f:id:kwns1783:20171123094026j:plain

その後、タイヤとステアリングナックルを細長いビスで固定します。

f:id:kwns1783:20171123094040j:plain

そして6で提供された右フロント用ハブナットを用意します。

f:id:kwns1783:20171123094048j:plain

ハブナットをホイールの真ん中にくっつけて21の作業は終わりです。

 

22...

f:id:kwns1783:20171123094056j:plain

22ではミッションケースを仮組みします。

f:id:kwns1783:20171123094108j:plain

この細長いパーツがミッションケースです。

f:id:kwns1783:20171123094115j:plain

このミッションケースをくっつけるのですが、その前に、

ケースの間に写真に写っている金色のパーツ、クラッチケースカバーをはめ込みます。

f:id:kwns1783:20171123094121j:plain

そのあとにミッションケースをはめ合わせます。

(何かの兵器みたいですね)

このあとマスキングシールでパーツを仮組みして、22の作業は終わりです。

 

23...

f:id:kwns1783:20171123094128j:plain

23ではついに、エンジンを組み上げます!!

f:id:kwns1783:20171123094136j:plain

まずはオイルゲージをオイルパンに取り付けます。

f:id:kwns1783:20171123094145j:plain

 こんな感じに取り付けます。

かなり下の部分なので、完成後はあまり見えなさそうですね。

f:id:kwns1783:20171123094152j:plain

15で仮組みしておいといたオイルパンをビスで固定します。

f:id:kwns1783:20171123094158j:plain

オイルパンを固定した後に、オイルパンをエンジンブロックとついに固定します!

f:id:kwns1783:20171123094205j:plain

固定したあと、エンジンブロックの左右にエンジンマウントとよばれるパーツを取り付けます。

写真は右エンジンマウントです。

f:id:kwns1783:20171123094217j:plain

こちらが左エンジンマウント。

f:id:kwns1783:20171123094224j:plain

エンジンマウントを取り付け後、エンジン左下あたりにフレキシブルホースを取り付けます。

f:id:kwns1783:20171123094243j:plain

今回の冊子にはこのようなアドバイスが...。

ミッションケースのパーツのつなぎ目が気になる場合の対処ということなのですが、

この作業のレべルが高いので私はこのままいきたいと思います。

(失敗して痛い目に合う前に辞めといたほうがいいので...)

f:id:kwns1783:20171123094304j:plain

エンジンブロックに22で組み上げたミッションケースを取り付けます。

ビスで固定したらエンジンが完成です。

f:id:kwns1783:20171123094310j:plain

上から見たエンジン。

(かっこいい...!!)

f:id:kwns1783:20171123094320j:plain

横から見たエンジン。

f:id:kwns1783:20171123094328j:plain

後ろ(運転席あたり)から見たエンジン。

どこから見てもカッコイイ、エンジンが完成しました。

だいたい全体の1/3くらいでエンジンが完成しました。

のこり2/3でボディが残っていますが、このクオリティーの高さからして自分的にかなり期待値は高いです。

すべてが組みあがったら...

いまから考えても楽しみです。

あ、上の写真で分かりますでしょうか。

f:id:kwns1783:20171118140801j:plain

前にヒーターホースをつや消しブラックで塗装してくださいと、

催促があったので。

早速近くの模型店でつや消しブラックを購入してきて塗装しました。

 

 24...

f:id:kwns1783:20171123094336j:plain

24ではエンジンコンパートメントにパーツを取り付けるということで。

ついにボディのパーツが付属してきました!f:id:kwns1783:20171123094413j:plain

ボディの内部(骨組み)のフロント部分、エンジンが入る場所です。

f:id:kwns1783:20171123094422j:plain

23で付属したファイヤーウォールとフードロックです。

f:id:kwns1783:20171123094429j:plain

まずはフードロックから取り付けます。

f:id:kwns1783:20171123101645j:plain

フードロックの反対側にファイヤーウォールを取り付けます。

f:id:kwns1783:20171123101652j:plain

続いて14で組み立てたラジエーターを用意します。

f:id:kwns1783:20171123101700j:plain

ファイヤーウォールとエンジンコンパートメントとの間にラジエーターを組付けます。

f:id:kwns1783:20171123101709j:plain

続いて16で付属したブレーキマスターシリンダーとクラッチマスターシリンダーを用意します。

(写真右側がブレーキマスターシリンダー、左側がクラッチマスターシリンダー)

f:id:kwns1783:20171123101718j:plain

このように取り付けます。

このパーツの合いが悪いのか、なかなか嵌らなかったです...。

これで24の作業は終わりです。

 

25...

f:id:kwns1783:20171123101727j:plain

今週最後の一冊です。

25ではインストルメントパネルにグローブボックスカバーを取り付けます。

f:id:kwns1783:20171123101751j:plain

これが今回付属するパーツです。

(写真が回転して見ずらいです、すみません。)

大きく長いパーツがインストルメントパネル、その下がグローブボックスカバーです。

今回はインストルメントパネルにグローブボックスカバーを組み込むだけです。

f:id:kwns1783:20171123101759j:plain

これが組み込んだ状態。

グローブボックスカバーを開けています。

f:id:kwns1783:20171123101809j:plain

グローブボックスカバーを占めた状態。

(これ、そこそこ開けずらい...。)

とりあえず組み込んだら25の作業は終わりです。(あっさり)

 

来週は26~30を組み立てます。

それでは!!