KWNS徒然日記

どうも、支配人のKWNSと申します。読み方はクェンズとなります。(造語です)どうぞ、よろしくお願いいたします。

マツダ コスモスポーツ 6~10

 おはようございます。

だんだんと暖かくなってきているのではないでしょうか。どうもKWNSです。

今週はB'zのツアーチケットの結果が届きましたが、残念ながら落選...。

まだチャンスはあるので諦めずに頑張ります。(笑) 

一度はSS席でライブを見てみたいです。

 

ということで今回は6~10までを製作していきます。  

 

フロントサスペンション...

f:id:kwns1783:20180212192200j:plain

6では『時速200km時代のライバル車たち』というのがありましたが、そこにはトヨタ2000GTや日産スカイラインGT-Rについて触れられていました。

ほんとうに60年代のスポーツカーは傑作車が多いですね。

f:id:kwns1783:20180212192212j:plain

今回はフロントサスペンションを組み立てます。

f:id:kwns1783:20180212192219j:plain

こちらがフロントサスペンションのパーツです。

左からフロントアーム、フロントアッパーアーム、フロントロアアームです。

f:id:kwns1783:20180212192229j:plain

フロントフレームの左側には、わかりやすいように”L"の刻印があります。

f:id:kwns1783:20180212192236j:plain

同じようにフロントロワアームにも刻印があります。親切ですね。

f:id:kwns1783:20180212192243j:plain

まずはフロントフレームにフロントロワアームを取り付けます。

穴の位置を合わせて...

f:id:kwns1783:20180212192251j:plain

ビスでしっかり固定します。

f:id:kwns1783:20180212192255j:plain

次にフロントアッパーアームを取り付けます。ロアアームのように穴の位置を合わせてからビスで固定します。

f:id:kwns1783:20180212192313j:plain

こんな感じに組みあがります。

6でのフロントサスペンションの組み立てはここまでです。

続いてロータリーエンジンのほうへ。

f:id:kwns1783:20180214195000j:plain

今回の付属パーツです。

左からオイルフィラーパイプ、フィラーパイプジョイントです。

f:id:kwns1783:20180212192322j:plain

まずロータリーエンジンの本体上部にフィラーパイプジョイントを載せます。

f:id:kwns1783:20180212192329j:plain

その上からビスで本体に固定します。

f:id:kwns1783:20180212192338j:plain

そして上から被せるようにオイルフィラーパイプを取り付けて完成です。

f:id:kwns1783:20180212192345j:plain

こんな感じに組みあがりました。

続いて7へ。

 

 反対側...

f:id:kwns1783:20180212192351j:plain

7では6の続きでフロントサスペンションを組み立てていきます。f:id:kwns1783:20180212192404j:plain

サスペンションとオイルフィラーキャップの製作ですね。

まずはサスペンションのほうから。

f:id:kwns1783:20180212192409j:plain

6でも付属したフロントロアアームとフロントアッパーアームを取り付けていきます。

f:id:kwns1783:20180212192417j:plainロアアームのほうにはRがこくいん刻印されてます。

f:id:kwns1783:20180212192421j:plain

最初にロアアームを取り付け。

穴の位置を確認します。

f:id:kwns1783:20180212192434j:plain

穴が合う場所にビスで固定していきます。

このようにアッパーアームのほうも取り付けます。

f:id:kwns1783:20180212192443j:plain

左右に取り付けが終わりました。

続いてダンパーとコイルスプリングを取り付けていきます。

f:id:kwns1783:20180212192502j:plain

まずはダンパーケースを取り付けます。

f:id:kwns1783:20180212192510j:plain

これはダンパーシャフトです。

ダンパーケースのなかに入れます。

f:id:kwns1783:20180212192518j:plain

先ほどのダンパーケースにダンパーシャフトを取り付けます。

この時点ではナットは仮止めで置いておきます。

f:id:kwns1783:20180212192535j:plain

次にコイルスプリングを用意します。

f:id:kwns1783:20180212192556j:plain

ダンパーシャフトとロアアームの間にコイルスプリングを挟み込んで取り付け完了です。

f:id:kwns1783:20180212192605j:plain

ここで5で組み立てたフロントハブを用意します。

f:id:kwns1783:20180212192611j:plain

用意したフロントハブをロアアームとアッパーアームの間で挟み込みます。

f:id:kwns1783:20180212192616j:plain

それぞれ穴の位置を合わせてからビスで固定します。

f:id:kwns1783:20180212192627j:plain

これでサスペンションにフロントハブを取り付けれました。

7のコスモスポーツの作業はここまで。

続いてロータリーエンジンへ。

f:id:kwns1783:20180212192638j:plain

7ではオイルフィラーキャップとガスケットカバーを取り付けます。

f:id:kwns1783:20180212192649j:plain

まずはガスケットカバーを取り付けます。

はめ込み式なので簡単に取り付けられます。

f:id:kwns1783:20180212192701j:plain

次にオイルフィラーパイプの上部にオイルフィラーキャップを取り付けます。

こちらもはめ込み式ですが、かなり固かったです....。

f:id:kwns1783:20180212192709j:plain

これで7の作業はすべて終了。

8に進みます。

 

8...

f:id:kwns1783:20180214182008j:plain

8ではディスクブレーキの反対側を組み立てていきます。

f:id:kwns1783:20180214182011j:plain

パーツがだんだんと少なくなってきましたね...(笑)

f:id:kwns1783:20180214182015j:plain

それでは製作していきます。作業自体は前回やったことと同じなので気は楽です。

f:id:kwns1783:20180214182023j:plain

これらのパーツでフロントブレーキを組み立てていきます。

f:id:kwns1783:20180214182030j:plain

まずはダストプレートにディスクプレートをはめ込みます。

f:id:kwns1783:20180214182040j:plain

次にディスクプレートの上からホイールハブを取り付けます。

f:id:kwns1783:20180214182045j:plain

最後にブレーキキャリバーを取り付ければフロントブレーキは完成です。

続いてフロントブレーキにステアリングナックルを取り付けていきます。

f:id:kwns1783:20180214182052j:plain

先ほどの裏面にステアリングナックルを取り付けます。

ダストプレート側に案内があるので、向きを間違えることなく差し込めます。

これでフロントブレーキの作業は終了。

続いてロータリーエンジンへ。

f:id:kwns1783:20180214182108j:plain

今回はオイルレベルゲージを取り付けます。

f:id:kwns1783:20180214182120j:plain

簡単です。

この穴にオイルレベルゲージを差し込むだけです(笑)

f:id:kwns1783:20180214182132j:plain

これでおわり!(笑)

8の作業はすべて終了。

9へ続きます。

 

ステアリングタイロッド...

f:id:kwns1783:20180214182140j:plain

f:id:kwns1783:20180214182155j:plain

9ではステアリングタイロッドを組み立てます。

f:id:kwns1783:20180214182201j:plain

まずは7で組み立てたフロントサスペンションを用意します。

7で取り付けたフロントハブの反対側を取り付けていきます。

f:id:kwns1783:20180214182839j:plain

こちらダンパーピボットシャフトとダンパーケース。

f:id:kwns1783:20180214182846j:plain

 ダンパーケースの上部分に空いている穴にダンパーピボットシャフトを差し込みます。

f:id:kwns1783:20180214182226j:plain

その後、ロアアームに仮組みしてからビスで固定します。

f:id:kwns1783:20180214182239j:plain

続いてダンパーシャフトをサスペンションフレームに取り付けます。

この時点ではまだ仮止めです。f:id:kwns1783:20180214182258j:plain

そしてコイルスプリングを用意し、ダンパーシャフトとダンパーケースで挟み込みます。

f:id:kwns1783:20180214182303j:plain

次に8で組み立てたフロントハブを用意します。

f:id:kwns1783:20180214182307j:plain

7のときのようにロアアームとアッパーアームの間に挟み込み、穴を合わせてからビスで固定します。

f:id:kwns1783:20180214182318j:plain

これで左右にフロントハブを取り付けれました。

それではステアリングタイロッドを組み立てていきましょう。

f:id:kwns1783:20180214182328j:plain

これらのパーツで構成されてます。

まずステアリングタイロッドの左右にタイロッドエンドを取り付けます。

f:id:kwns1783:20180214182334j:plain

ステアリングタイロッドの両端にビスでタイロッドエンドを取り付けます。

しっかり固定すると動きが悪くなるのですこし弛めに締めます。

f:id:kwns1783:20180214182338j:plain

取り付けたらステアリングタイロッドが完成。

次にフロントサスペンションへ取り付けます。

f:id:kwns1783:20180214182343j:plain

まずフロントハブにタイロッドエンドを合体させます。

f:id:kwns1783:20180214182358j:plain

フロントハブに空いている穴へタイロッドエンドの軸を差し込みます。

f:id:kwns1783:20180214182404j:plain

そのあと指で介添えしながらビスで固定したらサスペンションに取り付け完了です。

f:id:kwns1783:20180214182410j:plain

おなじ作業を反対側にもおこないます。

f:id:kwns1783:20180214182419j:plain

 これで完成。ステアリングタイロッドを取り付けたことにより、左右のフロントハブが同時に動くようになりました。

 

続いてロータリーエンジンへ。

f:id:kwns1783:20180214182440j:plain

今回はバックプレートが付属。

f:id:kwns1783:20180214182447j:plain

とりあえず本体に仮組みして終わりです。

10へ進みます。

 

電池ボックス...

f:id:kwns1783:20180214182454j:plain

10ということで、シリーズ全体の1割に到達しました。(笑)

のこり90+α?

f:id:kwns1783:20180214182509j:plain

10では9で付属したバックプレートに電池ボックスを取り付けます。

f:id:kwns1783:20180214182502j:plain

電池ボックスとホイールが付属してました。

f:id:kwns1783:20180214182514j:plain

まずはホイールにホイールキャップを取り付けます。

ということでこのホイールは今回使用しません。(笑)

f:id:kwns1783:20180214182520j:plain

ホイールキャップとセンターキャップです。

ホイールキャップの真ん中にセンターキャップを差し込みます。

f:id:kwns1783:20180214182527j:plain

差し込んだ状態。

完成したら、袋に入れて保管しておきます。

続いてロータリーエンジンに電池ボックスを取り付けます。

f:id:kwns1783:20180214182532j:plain

こちら電池ボックス。

単4電池が2ついるようです。(今回は取り付けるだけ)

f:id:kwns1783:20180214182539j:plain

9で付属したバックプレートに仮組みします。

f:id:kwns1783:20180214182545j:plain

 場所が決まればビスで固定します。

 3点締め付ければ取り付け完了。

これで10の作業はおわり。のこり90冊かぁ。

かなりの長丁場!ボチボチ作っていきますけど(笑)

次は11~15まで製作します。

それでは!