KWNS徒然日記

どうも、支配人のKWNSと申します。読み方はクェンズとなります。(造語です)どうぞ、よろしくお願いいたします。

マツダ コスモスポーツ 11~15

どうも、こんにちは。

最近暖かくなってきて日向ぼっこにハマってるKWNSです。

 

今日は近所の公園に咲いている桜を観に行ってきました!

桜がきれいに咲いていました~!

f:id:kwns1783:20180325174653j:plain

詳しくはわからないのですが、これは枝垂桜というのでしょうか?

一番お気に入りの木です(笑)

f:id:kwns1783:20180325174723j:plain

iPhoneのカメラはすごい!

こんなにきれいに撮れるんです。

一眼レフでも撮ったのですが画素数が大きいのか、このブログに貼り付けることが出来なかったです...。

今日は少しだけでしたが、来週あたりドライブがてらにどこかへ桜を観に行こうかなぁ。

4月になったらどこかドライブに行きたいところです。

滋賀のメタセコイア並木、和歌山の三井寺、奈良の吉野、う~ん行きたいところが多い!(笑)

 

そんなこんなで(?)今回のコスモスポーツは11~15まで製作していきます。(笑)

 

タイヤの組み立て...

f:id:kwns1783:20180219201659j:plain

はやくも11に。

今回はタイヤを組み立てるということで。

f:id:kwns1783:20180219201705j:plain

付属パーツはタイヤと電池カバーとたった2つ(笑)

f:id:kwns1783:20180219201709j:plain

では作っていきます。

f:id:kwns1783:20180219201714j:plain

10で付属したタイヤホイールとタイヤを用意します。

いつも通り、ホイールにタイヤをはめ込みます。

f:id:kwns1783:20180219201717j:plain

はめ込んだ状態。

やっぱりはめ込むとき苦戦します。(笑)

もうちょっと柔らかかったらなぁ...。

f:id:kwns1783:20180219201722j:plain

続いてロータリーエンジンのほうへ。

10で取り付けた電池ボックスのカバーを取り付けます。

f:id:kwns1783:20180219201726j:plain

取り付けた状態。

まだ電池は入れていません。

ここで11の作業は終わりです。が!

f:id:kwns1783:20180219201729j:plain

サスペンションを動かしてみようということで!!

フロントサスペンションにタイヤを取り付けたいと思います。

f:id:kwns1783:20180219201733j:plain

まずフロントサスペンションの両端に付いているフロントハブにタイヤを取り付けます。

写真の部分にタイヤを仮組みします。

f:id:kwns1783:20180219201736j:plain

仮組んだ状態。

この上からナットで固定します。

f:id:kwns1783:20180219201740j:plain

これでタイヤの取り付けができました。

反対側も同じように取り付けていきます。

f:id:kwns1783:20180219201744j:plain

反対側も取り付けた状態。

安定感抜群!(笑)

f:id:kwns1783:20180219201748j:plain

これでフロントサスペンションとタイヤが合体しました。

f:id:kwns1783:20180219201752j:plain

ステアリングタイロッドが付いているので片方のタイヤを動かすと当時に動きます。

こういうギミックを見るとワクワクします(笑)

f:id:kwns1783:20180219201756j:plain

何回か動かして動作確認。

写真ではありませんが、サスペンションの動作確認も行いました。

しっかりきいてました!でも足回りが全体的に完成してからのほうがわかりやすいですね(笑)

 

基盤取り付け...

f:id:kwns1783:20180219201801j:plain

12からは1/8のロータリーエンジンを製作していきます。f:id:kwns1783:20180219201812j:plain

今回はスイッチ基盤を取り付けるのがメインです。

その前に1/8のロータリーエンジンから製作します。

f:id:kwns1783:20180219201817j:plain

ステーショナリーギアとリヤハウジングです。

リヤハウジングの真ん中にステーショナリーギアを差し込みます。

f:id:kwns1783:20180219201821j:plain

差し込んだ状態。落失しないようにビスで固定します。

f:id:kwns1783:20180219201824j:plain

ビスで固定したら、リヤハウジングが完成です。

f:id:kwns1783:20180219201829j:plain

反対側はこのようになってます。

この真ん中にローターが入って回転する仕組みになっていると思われます。

f:id:kwns1783:20180225105142j:plain

バックプレートとスイッチ基盤を用意します。

f:id:kwns1783:20180219201841j:plain

スイッチ基盤の扱いに十分注意して取り付け箇所に仮組みします。

f:id:kwns1783:20180219201846j:plain

そのあとビスでしっかり固定します。(基盤を割らない程度で!)

f:id:kwns1783:20180219201855j:plain

基盤を取り付けたら10で取り付けたスイッチボックスから出ている電源コードを基盤に差し込みます。

これでスイッチ基盤の取り付けがおわり。

13へ進みます。

 

ローターハウジング...

f:id:kwns1783:20180219201858j:plain

13からは本格的に1/8ロータリーエンジンの製作に取り掛かりますよ~!

f:id:kwns1783:20180219201902j:plain

パーツはこれだけですが...。

最初のころのあの大きいパーツが付属していたころが懐かしい(笑)

f:id:kwns1783:20180219201908j:plain

ということでローターハウジングを組み立てます。

f:id:kwns1783:20180219201912j:plain

左からローターハウジングとエキセントリックシャフトとテンションボルト(L・S)です。

f:id:kwns1783:20180219201925j:plain

まず12で組み立てたリヤハウジングとローターハウジングを用意します。

f:id:kwns1783:20180219201929j:plain

向きを合わせてはめ込みます。

f:id:kwns1783:20180219201934j:plain

そのあとテンションボルトをそれぞれ差し込んでいきます。

上側が短く、下側が長くなるように。

f:id:kwns1783:20180219201938j:plain

ひっくり返してナットを紛失しないように軽く取り付けておきます。

f:id:kwns1783:20180219201943j:plain

エキセントリックシャフトは今回保管しておきます。

f:id:kwns1783:20180219201948j:plain

続いて1/2のほうへ。

スイッチ基盤にハイテンションコードを取り付けます。

f:id:kwns1783:20180219201952j:plain

端の"B"と書いてあるところにハイテンションコードを差し込んで終わりです。

f:id:kwns1783:20180219201957j:plain

14へ続きますー。

 

小さいローターが...

f:id:kwns1783:20180219202002j:plain

14では1/8の小さいローターが付属してました!

やはり1/8のロータリーエンジンもしっかり回転させるんですね!!

f:id:kwns1783:20180219202006j:plain

今回はインターミディエイトハウジングを取り付けます。

f:id:kwns1783:20180219202010j:plain

左からインターミディエイトハウジング、ローターハウジング、ローターです。

f:id:kwns1783:20180219202016j:plain

ローターを1/8と1/2で比較しました。

こんなに違うんですね~。親子みたい(笑)

f:id:kwns1783:20180219202020j:plain

まずは13で付属したエキセントリックシャフトにローターを取り付けます。

f:id:kwns1783:20180219202026j:plain

そのあと13で組み立てたローターハウジングにエキセントリックシャフトを差し込みます。

f:id:kwns1783:20180219202033j:plain

その上からインターミディエイトハウジングをはめ込んでいきます。

サンドイッチする感じです。

f:id:kwns1783:20180219202043j:plain

インターミディエイトハウジングの上から違うローターハウジングをはめ込んでいきます。

このあとボルトの先にナットを軽く締めておいて、パーツの落失を防止しておきます。

続いてロータリーエンジンへ。

f:id:kwns1783:20180219202053j:plain

今回はこのスパークプラグしか付属してきませんでした....。

これを13で繋げたハイテンションコードの先に差し込みます。f:id:kwns1783:20180219202105j:plain

差し込んだ状態。

スパークプラグの先にライトがついているので、点灯するか確認します。

f:id:kwns1783:20180219202114j:plain

単4電池をいれていざ点灯!!

 

あれ??つかない??

なぜかつきません!!かなりショック!!

スパークプラグが悪いのか、差し込み方が悪かったのか...

とりあえず一旦置いておきます。(笑)

しかしこれはつらい...

 

 

フロントハウジング...

f:id:kwns1783:20180219202119j:plain

15ではロータリーエンジンのハウジング部分が完成します。

f:id:kwns1783:20180219202121j:plain

やっぱりパーツが少ないな~。なんて文句を言いながら(笑)

f:id:kwns1783:20180219202125j:plain

今回はフロントハウジングを取り付けていきます。

f:id:kwns1783:20180219202129j:plain

左からローター、ステーショナリーギア、フロントハウジングです。

f:id:kwns1783:20180219202133j:plain

まずリヤハウジングのようにフロントハウジングにステーショナリーギアを取り付けます。

f:id:kwns1783:20180219202137j:plain

ビスでしっかり固定したらOKです。

f:id:kwns1783:20180219202140j:plain

 

次にエキセントリックシャフトにローターを取り付けます。f:id:kwns1783:20180219202152j:plain

その上からフロントハウジングを取り付けていきます。

f:id:kwns1783:20180219202158j:plain

しっかりはめ込んだらこれでハウジング部分が完成。

f:id:kwns1783:20180219202202j:plain

完成したのち、中に入っているローターが回転するか確認し、動いていたらハウジング部分はこれで終わり!!

しっかり回転してるところがほんとうにすごい!!

これは動画で撮るにも難しいので、お伝え出来ませんが、めっちゃワクワクします。(笑)

こういうところにもギミックを取り入れてくるデアゴスティーニさん、ほんとうにすごいです。

f:id:kwns1783:20180225113743j:plain

続いてロータリーエンジンのほうへ。

今回はまたもハイテンションコードが付属してきました。

f:id:kwns1783:20180219202211j:plain

13では"B"に取り付けましたが、今回は"A"に取り付けます。

慎重に差し込んでいきます。また点灯しなくなるとつらいので....。

f:id:kwns1783:20180219202215j:plain

差し込んだ状態。

なんとか次はついてほしいな。(笑)

 

これで11~15までが終わりました。

そろそろ積んでおいたコスモスポーツも底をつきます。

貯めてた分がなくなれば、その後は5冊づつ集まり次第の製作になるので、連続投稿は厳しくなります。

その合間合間でほかの模型や記事を書かせていただきますので、ぜひご覧ください。

次回は16~20まで製作していきます。

それでは!