KWNS徒然日記

どうも、支配人のKWNSと申します。読み方はクェンズとなります。(造語です)どうぞ、よろしくお願いいたします。

マツダ コスモスポーツ 26~30

こんにちは、KWNSです。

もう6月になり、梅雨入りしちゃいましたね(笑)

1年も、もう半年が過ぎようとしていることに恐ろしく感じている今日この頃です。

 

先日、東京で行われていた

"B'z 30TH EXHIBITION "SCENES"1988‐2018"

 に行ってきました!!

f:id:kwns1783:20180527211134j:plain

中での写真撮影は禁止だったので、外観をパシャリ。(笑)

前期・後期で分かれている今回のエキシビションですが、もちろん両方観覧してきました。

展示物が多くて、いろいろと圧倒されることも。

f:id:kwns1783:20180527211154j:plain

ポールの上にはこんなシールが貼られていました。

細かいところまでB‘zに染めてますね。

 (噂ではデザインが三種類あるそうです)

東京まで行くのには金銭面で苦労しましたが、やっぱり行ってよかったなぁと思いました。

お二人の衣装を近くで見れたり、愛用のギター、手書きの譜面、歌詞ノート等々、なかなかお目にかかれない貴重なモノを見ることができたのですから。

できるなら大阪でも開催してほしい...(笑)

 

さてさて話はコスモスポーツへ。

今回は26~30まで製作していきます。

 

クーリングファンの取り付け... 

f:id:kwns1783:20180413203151j:plain

最近、デアゴスティーニから届くのが月末でしてなかなか進まないな~と...

届いてからすぐに製作に取り掛かれないこともあるので。(笑)

まぁぼちぼちと作っていくしかありませんね!

f:id:kwns1783:20180413203157j:plain

26ではクーリングファンを取り付けます。

f:id:kwns1783:20180413203200j:plain

まずはじめにオイルクーラーを組み立てます。

オイルクーラーのパーツをはめ合わせます。

f:id:kwns1783:20180413203207j:plain

オイルクーラーができました。

f:id:kwns1783:20180413203209j:plain

次にクーリングファンを組み立てます。

左からクーリングファン、ファンドライブです。

ファンドライブにある軸にクーリングファンを差し込みます。

f:id:kwns1783:20180413203213j:plain

差し込んだ状態です。

これをエンジン前面に取り付けます。

f:id:kwns1783:20180413203222j:plain

このように組みあがりました。

ちゃんとファンは回転しますよ!!(笑)

続いてロータリーエンジンへ。

今回はハウジングフレームを取り付けたのち、スパークプラグを仮組みします。

f:id:kwns1783:20180413203226j:plain

 途中の写真が抜けてますが、このようになりました。

26の作業は以上。続いて27へ。

 

ラジエターを組み立て...

f:id:kwns1783:20180423204955j:plain

最近パーツの数が少ないような...(笑)

あと70冊余りあるのかぁ。

f:id:kwns1783:20180423205000j:plain

まぁ愚痴らず製作していきます。(愚痴が多くてすみません)

ラジエターの組み立てということで。

f:id:kwns1783:20180423205007j:plain

左からラジエターシュラウド、ラジエターです。

f:id:kwns1783:20180423205014j:plain

まずラジエターにラジエターシュラウドを取り付けます。

f:id:kwns1783:20180423205020j:plain

次に26で組み立てたオイルクーラーを仮組みして、問題なく組み込めるか確認します。

確認できたら取り外しておきます。

f:id:kwns1783:20180423205025j:plain

続いてオイルクーラーの取り付け。

久しぶりに出てきたフロントサスペンションフレーム。(笑)

これにオイルクーラーを取り付けます。

f:id:kwns1783:20180423205108j:plain

取り付け位置にオイルクーラーを仮組みしてから、ビスでしっかり固定します。

オイルクーラーを取り付けたら27の作業は終了。

28に進みます。

 

エンジンルーム...

f:id:kwns1783:20180423205114j:plain

28ではついにエンジンルームが登場します!(笑)

エンジンまわりもそろそろ終わりが近づいてきましたかね!?

f:id:kwns1783:20180423205121j:plain

見てください、この厚み!!(笑)

久しぶりに大きいパーツが届いて嬉しいです。

f:id:kwns1783:20180423205129j:plain

フロントコンパートメントの取り付けということで。

さっそく取り掛かります。

f:id:kwns1783:20180423205139j:plain

はい、こちら

フロントコンパートメントさん

f:id:kwns1783:20180423205146j:plain

左からウォッシャータンク、ブレーキマスターシリンダー、クラッチマスターシリンダー。

f:id:kwns1783:20180423205205j:plain

まずはフロントコンパートメントに細かいパーツを仮組みするということで。

ウォッシャータンクを仮組み。

f:id:kwns1783:20180423205210j:plain

続いてブレーキマスターシリンダーとクラッチマスターシリンダーも仮組みします。

28ではここまで。

29以降、ここが進展していきます。

 

続いてロータリーエンジンのほうへ。

相変わらずのハウジングフレームを取り付けていきます。

f:id:kwns1783:20180423205216j:plain

ハウジングフレームを仮組みしてからビスで固定したら完成。

29へ続きます。

 

コツコツと...

f:id:kwns1783:20180423205222j:plain

29ではフロントコンパートメントにディテールアップしていきますよ~!

f:id:kwns1783:20180423205228j:plain

フロントタイヤエプロンを取り付けるということですが、まずフロントタイヤエプロンってなに...?

f:id:kwns1783:20180423205237j:plain

はい、こちら

フロントタイヤエプロンになります。(笑)

f:id:kwns1783:20180423205242j:plainタイヤハウスの部分ですね。

コンパートメントに差し込んで完成。

次に細かいパーツを取り付けます。

f:id:kwns1783:20180423205247j:plain

左からイグニッションコイルクーラント・サブタンクです。

f:id:kwns1783:20180423205258j:plain

まずはイグニッションコイルを仮組み。

f:id:kwns1783:20180423205306j:plain

次にクーラント・サブタンクを仮組みします。

両方仮組みの状態で置いておきます。

続きまして、ハウジングフレームを取り付けます。

f:id:kwns1783:20180423205314j:plain

ハウジングフレーム、最後の部分を取り付けました。

これにて前後のハウジングフレームを取り付けたことになります。

ロータリーエンジンも残り10冊で完成を迎えます。

失敗しないようにしないとね...(笑)

 

30冊目...

f:id:kwns1783:20180423205319j:plain

ついに30冊目突入です。

早いような遅いような...(笑)

f:id:kwns1783:20180423205324j:plain

30ではヒーターユニットを取り付けます。

f:id:kwns1783:20180423205331j:plain

ヒーターユニットを取り付ける前にフロントタイヤエプロンを取り付けます。

f:id:kwns1783:20180423205339j:plain

前回の反対側に差し込んで完成。

f:id:kwns1783:20180423205345j:plain

左からヒーターユニット、ハンガーです。

f:id:kwns1783:20180423205358j:plain

コンパートメントにヒーターユニットを取り付けます。

(ウォッシャータンクの横に)

f:id:kwns1783:20180423205403j:plain

ロータリーエンジンの頭部にハンガーを取り付け。

これ、ハンガーっていうんだ...(笑)

以上で30の作業は終了。

これにて26~30までの作業おわり!!

残すところ70冊!(笑)

あぁ、早く新しいパーツが届かないかなぁ...。

次回(31~35)は来月の初旬ごろに投稿します~!

 

ちなみにこれを待っている間は赤城のほうを進めております。(笑)

区切りがつき次第、投稿していきます!

ぜひぜひご覧くださいませ!