KWNS徒然日記

どうも、支配人のKWNSと申します。読み方はクェンズとなります。(造語です)どうぞ、よろしくお願いいたします。

マツダ コスモスポーツ 31~35

どうもKWNSです。

7月になりましたね。今年も暑くなりそう(笑)

先月の6/18、大阪北部地震がありました。

自分はちょうど、仕事場に着いていて脱衣所で作業服に着替えていた時、でした。

21年間生きてきましたが、あれほど強い揺れを感じたのは初めてだったと思います。

正直、めっちゃ怖かったです。その日の晩にも強い揺れを感じて、家が揺れているのか、自分がふらついているのかわからないような...。

しかしながら親、友人らが無事だったのは幸いでしたね。

自分の身も大事ですが、大切な人が死んでしまう、なんてことになったら辛いです。

家も本やモノが散らかっていましたが、とくに大したことがなかったのも安心でした。

しかし...。

去年の11月に1年と3か月を要して竣工した我が家の戦艦大和が飾り台から滑り落ち、見るも無残な形になっていました...。

 

こればっかりはどうしようもなく、ましてや誰のせいとかにもならないのでやり場のない怒りと悲しみが一週間ほど心の中にありました。

総額5万円以上かけ、自分の出せる力のすべてをぶつけて作り上げただけに...という気持ちです。

気持ちを落ち着かせてから、解体作業に入り、使えるパーツを外し、主砲や副砲などは修復してヤフオクにて出品して少しでもお金に還元できれば...という感じです。

解体作業自体は先月末に完了し、飾り台やアクリルケースなどは現在製作中の赤城へ回送する予定です。

もしいつか、もう一度、戦艦大和を作れる機会があれば前回よりもっと素晴らしい形に仕上げたいですね。

 

さて気持ちを切り替えてコスモスポーツの製作に取り掛かっていきますよ~!!!

 今回は31~35までです。

ではまず31から!!

 

サスペンションの取り付け...

f:id:kwns1783:20180615211420j:plain

31ではフロントコンパートメントとフロントサスペンションを連結していきます。

ついに一つの大きいパーツに仕上がりますよ~!

f:id:kwns1783:20180616204629j:plain

取り付けていきます~。

f:id:kwns1783:20180616204637j:plain

まずはフロントコンパートメントに細かいパーツを取り付けます。

f:id:kwns1783:20180616204657j:plain

こちらキャッチベースと呼ばれるパーツを取り付けます。

f:id:kwns1783:20180616204706j:plain

取り付けるのに干渉してしまうウォッシャータンクとヒーターユニットを取り外します。

f:id:kwns1783:20180616204712j:plain

差し込み式なので上からグッと差し込んで完成です。

f:id:kwns1783:20180616204719j:plain

続いてコンパートメントの側面に要目表(?)のデカールを張り付けます。

f:id:kwns1783:20180616204727j:plain

まず水に浸してデカールを浮かしてから、

f:id:kwns1783:20180616204734j:plain

このマークフィットと呼ばれる接着剤のようなものを張り付ける部分に塗ります。

f:id:kwns1783:20180616204741j:plain

ピンセットを使いながらズレないように丁寧に貼り付けます。

f:id:kwns1783:20180616204749j:plain

こんな感じに仕上がりました。

 

さて、フロントサスペンションに細かいパーツを取り付けていきます。

f:id:kwns1783:20180616204757j:plain

まずはじめにステアリングギアを取り付けます。

f:id:kwns1783:20180616204811j:plain

上からステアリングギア、ギアホールドプレート、です。

f:id:kwns1783:20180616204817j:plain

ステアリングギアをフロントサスペンション側にあるラックギアにかみ合わせて仮組みしたのち、上からギアホールドプレートで固定して完成です。

続いてスタビライザーを取り付けていきます。

f:id:kwns1783:20180616204824j:plain

こちらがスタビライザーです。

2000GTのときに取り付けで苦労した思い出があります...(笑)

今回はすんなりいけるかな!?

f:id:kwns1783:20180616204834j:plain

思いのほか簡単に取り付けれました!(笑)

しかしながら取り付けに夢中になっていたので、作業中の写真を撮り忘れるという失態をおかしてしまいました...。

f:id:kwns1783:20180616204843j:plain

続いてダストシールを取り付けます。

f:id:kwns1783:20180616204916j:plain

ダストシールは片面だけしかなかったのですが、片方だけですかね?

コンパートメントの側面に差し込んで完成です。

 

さぁついにフロントサスペンションとフロントコンパートメントを連結します!

コンパートメントを上から差し込んでビスで締めるだけですが。

f:id:kwns1783:20180616204921j:plain

このように完成しました。

かなり大きいパーツに仕上がりました。

32ではついにエンジンを取り付けるそうです!!

最後に1/2ロータリーエンジンの製作へ

f:id:kwns1783:20180616204938j:plain

今回はこのハンドルアダプターと呼ばれるパーツが付属しました。

f:id:kwns1783:20180616204945j:plain

これはスイッチの接点部分にあたるパーツで、回転させるとハンドルアダプターの山になっている部分がスイッチのボタンに当たってスパークプラグを交互に点灯させる仕組みになってます。

f:id:kwns1783:20180616204954j:plain

点灯確認しましたが、なぜか片方のみしか光らない....

これはやばいぞ!?(笑)

とりあえず次に進みます。

 

エンジンを積む...

f:id:kwns1783:20180616205019j:plain

32は厚みがすごい外箱で届きました。

何が入っているかというと...

f:id:kwns1783:20180616205026j:plain

f:id:kwns1783:20180616205032j:plain

このフロントフロアボードと呼ばれる大きいパーツが付属していました。

ほんとうにデカいです。(笑)

f:id:kwns1783:20180616205039j:plain

裏側はこんな感じです。

まずはこのフロントフロアボードをフロントコンパートメントに取り付けるところからです。

f:id:kwns1783:20180616205052j:plain

ネジ穴が開いているのでそれに合うようにはめ込みます。

f:id:kwns1783:20180616205144j:plain

このように位置合わせをしてからビスでしっかり固定します。

f:id:kwns1783:20180616205151j:plain続いてエンジンを用意します。

f:id:kwns1783:20180616205158j:plain

ラジエターを取り付けていきます。

f:id:kwns1783:20180616205206j:plain

エンジンの前面に取り付けます。

さてさて、ついにエンジンを搭載しますよ~!!

f:id:kwns1783:20180616205220j:plain

コンパートメントのなかに潜り込ませるようにエンジンを入れます。

そのあとにビスでしっかり固定させます。

f:id:kwns1783:20180616205229j:plain

エンジンを固定したあとは取り付けに干渉しないように取り外しておいたパーツ類を再度取り付けていきます。

f:id:kwns1783:20180616205237j:plain

イグニッションコイルにはデストリビューターからの配線を差し込みます。

f:id:kwns1783:20180616205244j:plain

これでエンジン搭載完了です。

f:id:kwns1783:20180616205253j:plain

エンジンルームができるとメカニックな感じが出てきますね!!

これを眺めながらお茶でも飲みますかね ♪ (笑)

 

その前にロータリーエンジンの製作にうつります~

f:id:kwns1783:20180616205301j:plain

今回はこのバックプレートを取り付けて終わり。

次に進みます。

 

ヘッドライトの製作...

f:id:kwns1783:20180616205316j:plain

また厚みが薄くなった...(笑)

f:id:kwns1783:20180616205323j:plain

33ではヘッドランプを製作します。

f:id:kwns1783:20180616205335j:plain

今回は左側のヘッドランプを作るそうで。

左からセットプレートA・B、ヘッドランプボディ、ヘッドランプレンズになります。

f:id:kwns1783:20180616205338j:plain

まずセットプレートにヘッドランプボディを差し込みます。

f:id:kwns1783:20180616205348j:plain

次にプレートの下にもう一枚プレートを重ねます。

f:id:kwns1783:20180616205358j:plain

最後にヘッドランプレンズを付けて終わり。

次にフロントアウターパネルに取り付けていきます。

f:id:kwns1783:20180616205406j:plain

久しぶりに出してきました(笑)

フロントアウターパネルです。

f:id:kwns1783:20180616205414j:plain

アウターパネルの裏側からヘッドランプをビスでしっかり固定します。

f:id:kwns1783:20180616205420j:plain

このように完成しました。

レトロな感じが漂いますね~!

 

続いてロータリーエンジンの製作に。

f:id:kwns1783:20180616205426j:plain

今回付属のエキセントリックカムです。

これをローターにはめ込んで摺動するか確認します。

f:id:kwns1783:20180616205432j:plain

おにぎりを引っ張り出してきました。(笑)

f:id:kwns1783:20180616205438j:plain

真ん中にエキセントリックカムを入れて回転するか、動作チェックします。

なにも問題がなさそうなので、作業はこれで終わりです。

34へ進みます。

 

同じく...

f:id:kwns1783:20180616205444j:plain

33に続き、同じ作業を始めます~。

f:id:kwns1783:20180616205451j:plain

次は右側を作ります。

f:id:kwns1783:20180616205459j:plain

まったく同じパーツの右バージョン。(笑)

f:id:kwns1783:20180616205504j:plain

作業もまったく同じでございます。

完成したヘッドランプをフロントアウターパネルに取り付けていきます。

f:id:kwns1783:20180616205510j:plain

これで両方のヘッドランプが取り付け完了です。

f:id:kwns1783:20180616205516j:plain

コンパートメントの上にアウターパネルを載せてみました。

いい感じですね~!!!

たまらなくいい!!(笑)

f:id:kwns1783:20180616205523j:plainこれで前面の6~7割は完成でしょうか?

完成まであと65冊ほど...(笑)

 

ロータリーエンジンの製作に進みます。

f:id:kwns1783:20180616205529j:plain

今回はカムコネクターが付属でした。

33で付属したエキセントリックカムの裏側に差し込みます。

f:id:kwns1783:20180616205535j:plain

差し込んだ状態。

これをロータリーエンジンの真ん中に仮組みします。

f:id:kwns1783:20180616205553j:plain仮組みした状態。

ビスで軽く止めておいて今回は終わりです。

f:id:kwns1783:20180616205601j:plain

f:id:kwns1783:20180616205613j:plain

1/2ロータリーエンジンもまもなく完成が近づいてきました。

ちゃんと完成できるように頑張らないと...!!

 

 細かい作業...

f:id:kwns1783:20180716133217j:plain

35では細かい作業になります。

f:id:kwns1783:20180716133222j:plain

バキュームコネクターを取り付けるということで。

主に配線していくようです。

f:id:kwns1783:20180716133230j:plain

左からウォータードレンホース、バキュームコネクター、ピンセットです。

今回ピンセットが付属しましたが、いま愛用しているピンセットがあるので使い道はなさそうです。(笑)

まずウォータードレンホースの取り付けから。

f:id:kwns1783:20180716133248j:plainラジエター側面、アッパーホースの下側にある穴に差し込みます。(もっとやりやすいときにしたらいいのに...)

f:id:kwns1783:20180716133254j:plain

差し込んだホースの反対側をフロントコンパートメント側面部分にある穴に差し込んで終わりです。

f:id:kwns1783:20180716133308j:plain

上からウォータードレンホースの写真。

写真下側の太めのホースがウォータードレンホースです。

続きましてバキュームコネクターの取り付けへ。

f:id:kwns1783:20180716133313j:plain

エンジン中央に取り付けたバキュームコネクター

側面から出ている配線を繋げていきます。

f:id:kwns1783:20180716133319j:plain写真中央に配線がいろんなところに繋がっているのが判りますでしょうか...。(笑)

配線を繋ぐのに必死で作業中の写真を取り忘れてました。

これでひと段落つきました。

続いてロータリーエンジンのほうへ

f:id:kwns1783:20180716133325j:plain

今回はローターハウジングの内側のフレームを取り付けるだけです(笑)

f:id:kwns1783:20180716133329j:plain

このローターハウジングの部分にカバーするように取り付けます。

f:id:kwns1783:20180716133336j:plain

ハウジングフレームを取り付けた状態。

こちらの完成が見えてきそうですね...!!

35の作業はこれまで。

 

これにて31~35の作業が終わりました。

次回、36~40を製作します。

ついに1/2ロータリーエンジンが完成します。

早く次の部品が届かないかなぁ~!(笑)