KWNS徒然日記

どうも、支配人のKWNSと申します。読み方はクェンズとなります。(造語です)どうぞ、よろしくお願いいたします。

マツダ コスモスポーツ 36~40

どうもお久しぶりです。
今年の夏はほんとうに暑いですね~!!(笑)
溶けそう!!!(溶けないけど...)
そして先月より始まった、
B‘z LIVE-GYM Pleasure2018 -HINOTORI-

f:id:kwns1783:20180727192432j:plain

の遠征費、グッズ代、チケット料金、etc...のおかげで絶賛金欠のKWNSです。(笑)
すでに先月7/21のエコパアリーナ公演に参戦してきました。
あと4公演残っているので精一杯楽しんできます...!!!
またライブが終わったら感想でも書きたいです。(笑)

それでは話をコスモスポーツに戻して、製作していきたいと思います。
今回は36~40までの製作です。
ついに1/2ロータリーエンジンが完成します!!!
それでは36からレポートしていきます~!

 

ターンシグナルの製作...

f:id:kwns1783:20180727192927j:plain

36ではターンシグナル、方向指示器を製作していきます。

f:id:kwns1783:20180727192930j:plain

今回は右側のターンシグナルを製作します。

f:id:kwns1783:20180727192934j:plain

左からターンシグナルランプボディ、ターンシグナルLEDです。

f:id:kwns1783:20180727192938j:plain

まずランプボディにLEDを取り付けます。

f:id:kwns1783:20180727192943j:plain

続いてフロントエプロンモールを用意します。

f:id:kwns1783:20180727192946j:plain

エプロンモールの右端にランプボディを取り付けます。

ここは瞬間接着剤で固定とのこと。

近くのモールが接着剤の影響で白化しないように気を付けてます。

f:id:kwns1783:20180727192950j:plain

取り付けたのち、ターンシグナルランプグローブと呼ばれる透明カバーを取り付けます。

これで右側のターンシグナルは完成。

次はヒューズボックスを取り付け。

f:id:kwns1783:20180727192957j:plain

左からダッシュボード、ヒューズボックスA、Bです。

f:id:kwns1783:20180727193002j:plain

まずコンパートメントにダッシュボードを取り付けます。

f:id:kwns1783:20180727193015j:plain

次にチューブステーを用意します。

f:id:kwns1783:20180727193020j:plain

チューブステーを取り付けたのち、ヒューエルパイプを取り付けます。

f:id:kwns1783:20180727193023j:plain

もう1本のヒューエルパイプを用意し、スロットルチャンバーにつなげます。

f:id:kwns1783:20180727193029j:plain

スロットルチャンバーから繋げたヒューエルパイプをコンパートメント側面にある穴に差し込みます。

続いてヒューズボックスを取り付けます。

f:id:kwns1783:20180727193005j:plainヒューズボックスを組み立てたところ...これは不良品でしょう(^^;

f:id:kwns1783:20180727193012j:plain

案の定、このような紙が同封されていました。

あちゃー、37からパーツをとってきます。

f:id:kwns1783:20180727193257j:plain

37で付属してきたパーツを取り付けるとご覧の通り!

平行になりましたね

これをダッシュボードの取り付けます。

f:id:kwns1783:20180727193304j:plain

取り付けた写真です。ひとまず完成です。

次はロータリーエンジンのほうへ

f:id:kwns1783:20180727193032j:plain

このチューブダウエルと呼ばれる筒を取り付けます。

f:id:kwns1783:20180727193036j:plain

こんな感じに取り付けました。

何かの接続部的な...?(笑)

続いて37へ!

 

左側ターンシグナル...

f:id:kwns1783:20180727193040j:plain

37ではターンシグナルの左側とロータリーエンジンのアクリル板がついてきました。

f:id:kwns1783:20180727193043j:plain

題はヒューエルフィルターを取り付けるということで。

f:id:kwns1783:20180727193046j:plain

作業の前に36に続いて37でも!!!

不良品があるけど支障ないよってことかな?

とりあえず製作します。

まずは左側ターンシグナルから。

f:id:kwns1783:20180727194238j:plain

することは前回とまったく同じなので割愛しながら進めます。

f:id:kwns1783:20180727194242j:plain

ターンシグナルが組み終わり、瞬間接着剤が固まるようにマスキングでしっかり固定しつつ保管しておきます。

次にフューエルフィルターを取り付けていきます。

f:id:kwns1783:20180727194258j:plain

まずフューエルフィルターをスクリーンハブプレートと呼ばれるパーツに取り付けます。

f:id:kwns1783:20180727194302j:plain

取り付けたフューエルフィルターをコンパートメント前面のところにネジで取り付けていきます。

f:id:kwns1783:20180727194306j:plain

先ほど取り付けたスクリーンハブプレートの反対側にも取り付けます。

f:id:kwns1783:20180727194310j:plain

このような感じに取り付けました。

これでフューエルフィルターの取り付けは完成。

f:id:kwns1783:20180727194313j:plain

今回もフューズボックスを取り付けます。

f:id:kwns1783:20180727194317j:plain

前回取り付けた真横に付けます。

f:id:kwns1783:20180727194321j:plain

続いてハイドロマスターの取り付け。

ダッシュボードに取り付けます。

f:id:kwns1783:20180727194325j:plain

取り付けたのち、ハイドロマスターから出ている線をコンパートメントに差し込みます。

ロータリーエンジンのほうへ

f:id:kwns1783:20180727194328j:plain

今回付属したのはアクリル板です。

これを仮組みします。

f:id:kwns1783:20180727194332j:plain

こんな感じになるんだなぁと思いながら仮組みしました。

とりあえず一旦外して保管しておきます。

 37おわり!!

 

 エアクリーナーの製作...

f:id:kwns1783:20180814194223j:plain

38ではエアクリーナーを製作していきます。

f:id:kwns1783:20180814194232j:plain

左からエアクリーナーボディ、エアクリーナーキャップ、エレメントです。

f:id:kwns1783:20180814194237j:plain

まずエアクリーナーボディにエレメントを取り付けます。

f:id:kwns1783:20180814194244j:plain

エアクリーナーボディをキャブレターの上にネジで固定します。

f:id:kwns1783:20180814194249j:plain

こんな感じに取り付けました。

f:id:kwns1783:20180814194254j:plainボディを取り付けたあとにキャップを取り付けます。

続いてロックフックを取り付けていきます。

f:id:kwns1783:20180814194300j:plain

ロックフックの裏面には番号が打たれているので、説明書の指示通りに付けていきます。

f:id:kwns1783:20180814194305j:plain

取り付けた写真です。

これでエアクリーナーが完成です。

次はロータリーエンジンにかかります。

f:id:kwns1783:20180814194312j:plain

ステーショナリーギアの調整します。

f:id:kwns1783:20180814194317j:plain

アクリル板に収まるように調整します。

f:id:kwns1783:20180814194323j:plain

調整できたら終わりです。

39に進みます~

 

ディファレンシャルを組み立て...

f:id:kwns1783:20180814194328j:plain

39ではディファレンシャルを組み立てます。

ロータリーエンジンはもうすぐ完成になりますね。

f:id:kwns1783:20180814194418j:plain

左からディファレンシャルA、B、ドライヴピニオン、ドライブヨーク、リングギアです。

f:id:kwns1783:20180814194423j:plain

ドライブヨークにリングギアを差し込みます。

f:id:kwns1783:20180814194427j:plain

反対側にもドライブヨークを取り付けます。

f:id:kwns1783:20180814194430j:plain

ディファレンシャルキャリアにドライブヨークを付けます。

f:id:kwns1783:20180814194435j:plain

ドライブピニオンのギアが噛み合うように取り付けます。

f:id:kwns1783:20180814194439j:plainその上からディファレンシャルキャリアを取り付けてネジで固定します。

これでディファレンシャルが完成です。

ロータリーエンジンへ進みます。

f:id:kwns1783:20180814194443j:plain

まずスペーサーを挟みます。

f:id:kwns1783:20180814194446j:plain

そのあとエキセントリックカムを取り付けて動作確認します。

f:id:kwns1783:20180814194452j:plain

その上からローターを取り付けます。

f:id:kwns1783:20180814194332j:plain

その上からアクリル板を取り付けます。

f:id:kwns1783:20180814194337j:plainボルトで仮止めして完成。

もうすぐで完成...!!

 

ロータリーエンジン完成

f:id:kwns1783:20180814194346j:plain

ついに1/2ロータリーエンジンが完成します!!!

ついに40巻まで来てしまいましたね~!!

f:id:kwns1783:20180814194633j:plain

その前にユニバーサルジョイントを組み立てます。

これがパーツ一覧です。

f:id:kwns1783:20180814194640j:plain

スライディングジョイントアウターにユニバーサルジョイントをネジで止めます。

f:id:kwns1783:20180814194652j:plain

反対側をディファレンシャルにネジで止めます。

f:id:kwns1783:20180814194659j:plain

次はスライディングジョイントインナーに同じようにユニバーサルジョイントをネジで止めます。

f:id:kwns1783:20180814194707j:plain

反対側にアクスルシャフトヨークにネジで止めます。

f:id:kwns1783:20180814194719j:plain

組み立てたユニバーサルジョイントを繋げます。

f:id:kwns1783:20180814194727j:plain

同じ作業で反対側も作ります。

f:id:kwns1783:20180814194744j:plain

最後にプロペラシャフトを取り付けます。

さてロータリーエンジンを完成させます!!!

f:id:kwns1783:20180814194757j:plain

ハンドルを組み立てます。

f:id:kwns1783:20180814194804j:plain

ハンドルを完成させたのち、ロータリーエンジンに取り付けます。

f:id:kwns1783:20180814194811j:plain

この突起にハンドルを取り付けます。

f:id:kwns1783:20180814194822j:plain

取り付けたのち、動作試験。

ちゃんと動作してくれて嬉しかったですが、ひとつ残念なのが回転したときに光る部分が動作してくれなかったという...

どうしよう、これ(笑)

f:id:kwns1783:20180814194829j:plain

 とりあえず完成ということにします!!!

のちのち考えて修理します。

とりあえず完成して良かったです。

重厚感あってかっこいいです。

あとはコスモスポーツを完成させるのみ!!

のこり60冊、長いですがコツコツと頑張ります(笑)