KWNS徒然日記

どうも、支配人のKWNSと申します。読み方はクェンズとなります。(造語です)どうぞ、よろしくお願いいたします。

マツダ コスモスポーツ 46~50

おはようございます。KWNSです。

 この9月は9/8~9/22まで三週連続でB‘zのライブ三昧でした!!
また近いうちにレポート書きます。(笑)
暑い暑い夏もB‘zとともに過ごせたことが平成最後の夏の思い出になりました。
余韻に浸りすぎて現実に戻りたくないです。(笑)

(ライブに行ったことにより只今絶賛金欠でございます。)

さあ、次のツアーに向けて貯金しようかな!(笑)

物欲モンスターなので貯金できるかなという問題が...まあボチボチやっていきます。

 

 今回は46~50を製作します。

 もう半分になるんですね~(笑)

他にも1/8スケールで模型を出してくれないかな~、なんて。

ポケールという会社からは1/8のランボルギーニのウラカンが出ているそうですが、10万越えの商品なので諦めてます。(笑)

でもトヨタ2000GTが1/8で発売されたら、絶対買うと思います。

(すでに1/10で持ってますけどね...)

 

シートの続き...

f:id:kwns1783:20180828204143j:plain

45からの続きで、運転席のシートを製作していきます。

f:id:kwns1783:20180828204154j:plain

左からシートバックとシートヒンジです。

シートの真ん中の柄のズレが気になる...。

作業は前回にもしているので割愛します(笑)

f:id:kwns1783:20180828204200j:plain

これでシートが完成。

続いてフロアボードに仮組みします。

f:id:kwns1783:20180828204205j:plain

フロアボードに仮組みして、スライドするか確認。

問題はなさそうです。

これでシートが完成したので、使うまでは保管しておきます。

47に進みます。

 

リーフスプリング...

f:id:kwns1783:20180828204212j:plain

47ではリーフスプリングと呼ばれるパーツを製作していきます。

f:id:kwns1783:20180828204359j:plain

リーフスプリング...なかなか聞きなれないですよね。(笑)

調べてみると...

車台と車軸を繋ぐサスペンション方式の1種であり、リーフスプリング(重ね板バネ)により車台を支えるものをリーフ式サスペンションという。

だそうです。

難しいですね...(笑)

とりあえず製作していきます!!

f:id:kwns1783:20180828204405j:plain

左から、リーフスプリング、スプリングマウント、シャックル、ピンです。

f:id:kwns1783:20180828204417j:plain

まずリーフスプリングの端にスプリングマウントを取り付けます。

リーフスプリングとスプリングマウントの接続部にピンを差し込んで取り付けます。

f:id:kwns1783:20180828204410j:plain

次にスプリングマウントを取り付けた反対側にシャックルを同じような作業で取り付けます。

f:id:kwns1783:20180828204423j:plain

リーフスプリング両端にスプリングマウントとシャックルを取り付けたら完成。

続いて48に進みます。

 

もう1個...

f:id:kwns1783:20180828204428j:plain

48でもリーフスプリングを製作していきます。

内容の薄いのが連続で...(笑)

f:id:kwns1783:20180828204432j:plain

作業自体は前回と同じなので割愛しながら進めます。

f:id:kwns1783:20180828204435j:plain

同じく左から、リーフスプリング、スプリングマウント、シャックル、ピンです。

同じようにピンで取り付けます。

f:id:kwns1783:20180828204440j:plain

はい、完成。(笑)

割愛しすぎました。(でも本当に同じ作業なのでご容赦ください)

49へ進みます。

 

 リーフスプリングの取り付け...

f:id:kwns1783:20180928220226j:plain

今回は少々重たいパーツが入っています。(笑)

f:id:kwns1783:20180928220231j:plain

49ではリーフスプリングをド・ディオンチューブに取り付ける作業です。

(ド・ディオンチューブっていうんだ...)

f:id:kwns1783:20180928220238j:plain

いや~、さすがにネジロックは持ってません。(笑)

どうしようかなぁ、とりあえず組み立てよう...。

f:id:kwns1783:20180928220242j:plain

ド・ディオンチューブとロケーションプレートというリーフスプリングとチューブを繋ぐプレートです。

f:id:kwns1783:20180928220245j:plain

まずチューブにリーフスプリングを仮置きして場所を把握します。

f:id:kwns1783:20180928220251j:plain

そのあとスプリングロケーションプレートにボルトを差し込んで、

f:id:kwns1783:20180928220257j:plain

リーフスプリングをチューブとプレートで挟みます。

f:id:kwns1783:20180928220304j:plain

そのあとに裏側にナットで固定。(軽く)

これでチューブにリーフスプリングを取り付けました。

f:id:kwns1783:20180928220308j:plain

反対側にも同じように取り付けて完成です。

これでチューブに取り付け完了!!

次に進みます。

 

リアフロアボード...

f:id:kwns1783:20180928220313j:plain

ついに50冊目です!!!

やっと半分か~という気持ちです。(笑)

f:id:kwns1783:20180928220318j:plain

今回は分厚いですよ~!!(軽いけど)

f:id:kwns1783:20180928220323j:plain

その理由がこちら。

リアフロアボードを取り付けるということで!

f:id:kwns1783:20180928220330j:plain

これがリアフロアボード!!大きい!!(笑)

f:id:kwns1783:20180928220334j:plain

袋から出してまじまじとパーツを見ます。(笑)

こちらが上面。

f:id:kwns1783:20180928220340j:plain

こちらが裏面です。

f:id:kwns1783:20180928220348j:plain

う~ん、これはきっとスピーカーの穴でしょう...。(笑)

とりあえず組み立てましょう!

f:id:kwns1783:20180928220359j:plain

まずフロント側のフロアボードを用意します。

f:id:kwns1783:20180928220404j:plain

フロアボードの端と端を重ねて、ビスでしっかり固定します。

f:id:kwns1783:20180928220414j:plain

おお~!コスモスポーツの全体像が見えてきましたよ!!!

やっぱり大きくて迫力あるなぁ(笑)

f:id:kwns1783:20180928220423j:plain

次は裏面にリーフスプリングを取り付けるのですが...。

エンジンルームが壊れないように慎重に扱いながら裏返します...。

f:id:kwns1783:20180928220428j:plain

リアフロアボードの部分にリーフスプリングを取り付け。

f:id:kwns1783:20180928220433j:plain

こんな感じに取り付けました。

こんな機構なんですね!

おもしろいな(笑)

f:id:kwns1783:20180928220437j:plain

側面から。

このあとどうなっていくのでしょう?

これにて50の作業はおわり!!

 

次回は51~55まで製作していきます。

そろそろアウターパネルが届いてくるのかなぁ~、先にリア周りのタイヤ、サスペンションを仕上げるのかなぁ。

どちらにせよ楽しみです!